インプラントにかかるおカネの秘密とインプラント費用の節約術を徹底解剖!

>

お財布に優しくインプラント治療を受けるには?

この記事をシェアする

医療費控除制度とは?

医療費控除制度とは、その年の1月1日から12月31日までの間に、自分もしくは同一生計の配偶者や親族などのために10万円以上の医療費を支払った場合に、その医療費の額に基づいて計算された金額の所得控除を受けることができ、それによって還付金を受け取れる制度のことです。
医療費控除の金額は、以下のように計算されます。
1,かかった医療費から、保険金や補助金(出産育児一時金など)でまかなわれた費用を差し引く。
2, 1,からさらに10万円を引く。

そして、1,2,で計算された額、その年の総所得額の5パーセントの金額、200万円のうち、最も安い金額の還付金が受け取れます。
注意すべきは、この制度では医療費そのものが安くなるのではなく、あくまでも所得控除によって還付金を受け取ることで間接的に医療費負担が軽減されている点です。ですから、利用の際は、申請を忘れないように気をつけましょう。

その他の費用節約術を見てみよう

医療費控除制度の他にも、インプラントの治療費を減らす方法はいくつかあります。
残念ながら、インプラント手術では、ほとんどの民間の生命保険会社の手術特約や先進医療特約などによる給付金の対象にはなりません。しかし、保険会社によっては、骨移植を伴う場合に限り、医師の診断書があれば給付金を受け取ることができる場合があります。この機会に、一度加入している保険会社に相談してみましょう。
さらに、インプラント治療に臨む前に、十分な経済的見通しを持ち、セカンド・サードオピニオンの活用も視野に入れながらしっかりと見積もりを行いましょう。インプラントのような自由診療では、料金設定も各歯科医院ごとの裁量に任されています。このため、同じインプラントでも歯科医院によって治療費は全く異なります。
もちろん、ただ治療費が安ければ良いというわけではありませんので、治療内容・費用の双方に納得した上で治療に臨むようにしましょう。


トップへもどる