インプラントは何故高い?インプラントにかかる費用とは

インプラントにかかるおカネの秘密とインプラント費用の節約術を徹底解剖!

インプラント治療費の内訳〜技術費用はどんなもん?〜

インプラント治療は、歯を失った際の治療法の一つで、これまでの入れ歯(義歯)やブリッジに次ぐ第三の治療法として注目されています。
そんなインプラントのメリットは5つあります。1つ目は、残っている自分の健康な歯を削る必要がないことです。これは、インプラントは1本1本が独立しているためです。2つ目は、優れた咀嚼能力を確保できることです。インプラントでは、左右バランスの良い噛み合わせが期待でき、自分の歯と同じ感覚で噛むことができます。
3つ目は、骨が痩せるのを防げることです。歯を失うと咀嚼による刺激が歯根から骨に伝わらなくなり、骨が少しずつ痩せてしまいます。しかし、インプラントでは目に見える歯だけでなく歯根も回復できるため、骨が痩せることを予防できます。4つ目は、入れ歯と異なり面倒な取り外しや洗浄が不要なことです。入れ歯は、毎食後と就寝前に取り外して洗浄しなくてはなりません。入れ歯の洗浄は、残った歯をはじめ口腔内の健康を保つためには不可欠ですが、正直なところ面倒ですよね。
5つ目は、審美性の高い人工歯を装着することで、美しい仕上がりが期待できることです。これなら、自信を持って、自分らしい笑顔を見せることができますね。
このように、メリットがたくさんあるインプラントですが、もちろんデメリットもあります。
1つ目は、麻酔をかけて治療するので痛みはありませんが、手術が必要なため他の治療法よりも体への負担が大きいことです。このため、重度の全身疾患があると治療ができないこともあります。2つ目は、治療に時間がかかってしまうことです。これは、埋入したインプラントが定着するまでに時間を要するためです。
そして3つ目は、自由診療なので健康保険が適用できず、治療費が高額なことです。

これから、インプラントが高額な理由をさらに詳しく見るとともに、少しでも費用を節約していく方法を探していきましょう。

インプラントのメリットとデメリットについて調べてみた!

先ほど見た通り、インプラントには健康保険が適用されず、自由診療扱いになります。一部保険適用内になる例外もありますが、極めて稀なケースに限られます。このため、おのずと治療費が高くなってしまうのです。 では、そんなインプラントの高額な治療費の中には、いったいどのような費用が含まれているのでしょうか。

インプラント部品にかかる費用を徹底リサーチ!

インプラント治療では、チタン製の人工歯根をはじめ、アバットメントや上部構造(人工歯)などの部品が用いられますが、その費用もまちまちです。 勿論、安価な部品を用いれば安く治療を受けられますが、高価な部品にも値段なりのメリットがあります。これから、そんなインプラント部品の費用について詳しくみていきます。

お財布に優しくインプラント治療を受けるには?

ここまでみてきたように、インプラントの治療にはきわめて高額な費用がかかります。 しかし、インプラントには多くのメリットがありますし、経済的理由で治療を諦めたくないですよね。そこで、ここからは、インプラントにかかる治療費を少しでも抑える方法について考えてみましょう。

トップへもどる